阿部浩之 / Hiroyuki Abe

last updated 2018.01.10

works

「ある程度さ」 (installation view)

year2014

installation view at switch point (東京都国分寺市)

the 10000th step (installation view)

year2013-2014

sizesize variable

materialmixed media

installation view at switch point (東京都国分寺市)



tokyo weather dice throw

year2013-2014

sizesize variable

materialweather dice, video, weather forecast

tokyo weather dice

year20010-2011

sizesize variable

materialdice, weather data, video

競馬の色彩

year2012

sizesize variable

materialdigital photo collage

the 10000th step

year2013-2014

sizesize variable

materialfound objects, map, photography

installation view at 原田米店 (千葉県松戸市)

you will be the weather

year2010

sizesize variable

materialshoes, weather forecast, weather data

installation view at 理化学研究所 (神奈川県横浜市)

chimeras

year2007-2009

sizesize variable

material1000yen-bill serial number data, origami, post-it, paper

installation view at 国立新美術館

asian weather forecast

year2010

sizesize variable

materialmap, shoes, video

installation view at 3番ギャラリー (東京都小平市)

seaweed throw (after Goldsworthy)

year2008

sizesize variable

materialphotography

world map (tokyo, embassy)

year2007

size2000mm x 2000mm

materialmixed media

statement

2014.09.11

<ある程度さ>の関係性


僕が日々生活し経験している「身近な世界」と、自然があり物理法則が適用され他人が過ごしている「この世界」とのあいだには、ある程度の関係があると思います。


「ある程度」の関係があるということは、多様さが保たれているということでもあります。物理法則が支配する客観からはこぼれてしまうけど、しっかりとここに存在するリアリティ。僕はその関係が作り出す多様なズレや差異を、矛盾やエラーも含め精一杯理解しようとし、味わいたい。自分から少しだけ遠い周囲で起きている「自分では創りだすことができないリアリティ」をなんとかして捉え、固定化して、後で落ち着いて観察したいのです。


ある仮説を設定し、その制限の中で他人に生活してもらったり、ある仮説にもとづいて作ったモノを介して他者と関わり、そこでできあがる関係性について観察・記録すること。僕が設定した仮説のとおりに進む世界と、そこから仮説を越えた豊かさを垣間見せてくれる豊かな世界。その「ある程度さ」の関係の断片を捉えるために、実験を行っています。

CV

2018.01.10現在 

個展とキュレーション

主なグループ展

contact

hiroyukiabe1234 at gmail.com